賃貸派 老後資金

賃貸派の老後資金

家を購入するか、賃貸のままで生活するのか、どちらを選ぶのかは、 その人の考え方によって違いますが、 ここでは賃貸派の老後資金について考えてみます。

【賃貸派のメリット】
☆住み替えのしやすさ
 結婚して新婚生活時代は、通勤や買い物に便利な、小さめの部屋で暮らし、  子供が出来ると、環境や保育園、学校等が近くに有る、部屋数の多い家で暮らし、  子供達が独立したら、また小さなマンションなどを借りて、ゆっくり老後を過ごす。  あるいは、高齢者住宅や、老人ホームに入居して暮らすことも出来ます。  そうした、生活の形態に合わせての住み替えが出来るのは、賃貸のメリットです。  家族の状態に、柔軟性を持って対応できると言えます。
☆住宅ローンがない
 当然ですが、家を購入しないので、毎月のローンはありません。  その分、老後に備えた投資や保険の加入などにお金を長期でまわせます。  老後の生活のために、長期的なお金の運用が可能というのは、  大きなメリットになると考えられます。  また、転職や離職も比較的しやすい環境ですから、  お給料の上がり下がりで不安を感じる必要もありません。  ローンの支払いのために働くのではないからです。  固定資産税を支払う必要もないので、かなりの節約にも繋がります。 ☆不動産価値の心配がない
 土地家屋の値段や価値の変動に悩まされることがありません。  その地域の環境が悪化したりした場合、別の賃貸で移れば良いだけのことです。

賃貸派の方達にとっては、自由な選択が出来るという点において、 柔軟性を持って老後資金を考えられるということが、大きなメリットと言えるでしょう。

【賃貸派のデメリット】
☆家の内装などを勝手に変えることが出来ない。
 自宅ではないので、部屋の間取りを変えたり改装したりは出来ません。  家やマンションを選ぶ時に、そういう点は十分に考慮できるし、  家具などで調整出来ますから、深刻なデメリットではないでしょう。
☆退職後も家賃を支払う必要がある
 家賃の支払いが続くことは、避けられません。  そのために老後の資金つくりに励んできたので、無理はないでしょう。  夫婦、あるいは一人暮らしであれば、家賃の少なくて済む部屋を選べますし、  仕事に通う必要もないので、郊外の家賃の安い部屋を選ぶことも可能です。

デメリットと考えられることも、しっかり計画を立てて行動し、 資金の運用をしっかりしておけば、大きな問題点にはならないでしょう。

少子化が進み、両親から家を相続するなどの可能性もあり、 夫婦で何件も家を持たなければならないというケースもあるようです。 賃貸派は、これから増えて行く可能性が高いと考えられます。

↑ PAGE TOP