老後資金

老後の生活費

老後にいくらお金がかかるか?自分はどのくらい貯金をすればいいのか?

老夫婦

これを考えるためには、老後の生活費がいったいどのくらいかかるのかを知ることがとても大切です。

みなさん、老後にはどの程度の生活費が必要だと考えているでしょうか?

生命保険文化センターの調査によると、 老後の最低日常生活費は平均22.0万円という結果が出ています。これは夫婦2人で生活する場合の結果となっています。

住宅ローンなども考慮しなければいけませんがこの場合はローンなどを無視して考えてみてください。 単純に生活費だけで月22万円、年間264万円ということです。

さらに、ゆとりのある生活をしたいと思えば平均35.4万円が必要だという結果になっています。年間の平均は約425万円です。

この生活費で60歳から約20年近く生活するとなれば、最低限でも5000万円以上必要ということになります。

無収入になるとすると、5000万円程度の資金を準備する必要があるということです。 もちろん公的年金や退職金がある、という人も多いと思います。しかし公的年金の制度は今のまま継続されるとは限りません。もしかしたら、予想よりはるかに低い金額しかもらえないという可能性もあります。

必要な生活費は、あくまで参考程度のデータです。 ですがおおまかにどの程度の資金が老後に必要か見当はついたと思います。これを参考に、自分が今からどの程度の資金を準備すべきか考えてみて下さい。老後の資金を作るために投資を考え、それに必要な資金を調達するためにお金を借りるのはアリだと思います。

お役立ちHP

クレジットカードを当日中に作る!※審査に一発で通る方法教えます・・・すぐに作れて審査に通りやすいクレジットカードを紹介しています。

↑ PAGE TOP